『フェル・アルム刻記』 第一部 “遠雷”

§ 第三章 予期せぬ旅立ち

一.

 それから二日が過ぎた。
 帰ってきた初日、ルードとライカは旅慣れていないためか、熱を出して床に伏した。一つの不安からの解放、それとともに生じた新たな不安がそうさせたのかもしれない。まる一日休養した彼らも翌日には回復し、ルードはケルンの家へ遊びに行くのだった。
 ライカはナッシュの家で世話になっている。彼女の銀髪は相当に目立つようで、その一風変わった風貌と、『しゃべれない』ためか、ナッシュの人達もどう扱っていいのか困っているようだ。ルードの見たところ、暖かく接してはいるのだが、双方ともにぎくしゃくしているのは仕方のないところか。

「ともかく早く帰ってくるからさ」
 ライカが使っている部屋の中、出掛けにルードはライカに言った。
「迷惑かけちゃった人達のところにはお詫びに行かなくちゃいけないだろうし」
「うん、分かったわ」とライカ。
「ルードの家の人達もよくしてくれるんだけど、肝心の言葉が分からないと困るのよねぇ……」
「二刻しないうちには戻る、と思うから」ルードが言う。
「二こく?」ライカは驚いた様子だ。
「ああ、分かんないかな。〈刻〉ってのは時間を表すものなんだけども――」
「ううん、わたし達の世界でも〈刻〉っていう単位を使ってるの。……どういうことなのかしら? ここってわたしのいたところとそう違和感が無いのよねえ。……ひょっとしたら、わたし達の知らないところで交流があったのかもね」
 最後はにっこり笑って返す。ルードに厚い信頼を置いているのがひしひしと伝わってくる、そんな表情。自分もそれに応えていかなくてはならない。
「そういえばさ、ハーンはどこに行ったんだろうか?」
「それが分からないのよ。昨日は確かにいたじゃない。看病までしてくれてたし。でも今日はどこかに行ってるみたい」
 ライカも困った顔をする。
「……まさか、俺達をさしおいて出かけちまったんじゃあ?」
「それは大丈夫だと思うけど……荷物はあるのよ」
「……ってことは、どこかに日銭を稼ぎに行ったのかな」
 ルードは落ち着きを取り戻し、ライカに挨拶をすると、家を後にした。

 昼前。普段は羊達の姿がそこかしこで見られるものだが、今日に限ってはあまり見かけない。小屋に閉じこもっているのだろうか。
 空気がどことなく湿っている。ルードは西の空を見た。
「こいつは降りそうかな……」
 と、一言残して、彼は歩き出した。

↑ PAGE TOP

二.

 約二刻後。
 雨は篠突くように降っている。西からやって来た重苦しい鉛色の雲は、ついに上空をすっぽりと覆い隠してしまった。音を立てて地面を叩く雨は、今日中には止みそうにない。

 ベケット村。
 スティン山地の麓、ルード達のいる高原から南東に一メグフィーレほど移動したところにある大きめの村だ。羊織物の小さな工房が集まっており、ここで仕上がった毛織物が特産品として各地へと出荷される。
 ハーンは今、ベケット村にいた。ルードが想像したとおり〈日銭を稼ぎに〉タール片手にここに赴いたわけなのだが、雨が降り出してからは酒場も兼ねている工房で休んでいた。この中は話し声が絶えず、明るい雰囲気である。ほかにも何人か、そこで昼食をとって休んでいたのだが、その中の一人がハーンに声をかけてきた。
[やあ。あんたって、ティアーさんだよな?]
 年の頃はルードと同じくらいと思われる、がっしりとした体格の少年だった。
[ええと、うん。そうだけどね]少年はにんまりとする。
[俺さ、ストウって言って、ルードの友達《ダチ》なんだ。ティアーさんがルードのやつを連れて来てくれた、ってケルンから聞いたんでね。ちょうどよかった。お礼を言わせてよ]
 ストウはそう言ってハーンの横に座り、ハーンのために酒を注文した。
[いやあ、そんな言われるほどのこと、僕はしてないんだよ。ああ、僕のことは、ハーン、と呼んでくれて構わないよ」
 と言って、ハーンはストウの酒を口に含んだ。
 その様子を満足そうに見ていたストウは、あの日の体験を――ルードがライカと遭遇した時の――早口にまくしたてた。大体の内容は、ルードから聞いたものと同一であった。ルードの友人達はちょうど下山途中で、ルードが光に包まれる光景をほんの少しだけ見たというのだ。
 ストウの少々自慢げな口調に嫌な顔をすることなく、ハーンは酒をすすりながら時折相づちを打った。
[神隠しってのは本当にあったんだな! 俺も実際に目の当たりにするまで信じられなかったけれどもさぁ]
 ひとりで感嘆するストウ。ストウにしてみれば、自分が体験した不思議な出来事を、誰でもいいからしゃべりたくてたまらない、そんな心境なのだろう。
 ハーンは酒を飲み干すと、タールを抱えた。
[ご馳走さん。……そうだねぇ、君の言うように常識っていうやつは、時々嘘をつくのかもしれないね]
 ハーンは確かめるように、ぽんぽんと弦を一つ一つ鳴らす。
[へぇ。そういう言い方、俺は好きだな。まあどうあれ、ルードが帰って来てよかったよ。かなり騒がれてたんだぜ?]
[ふふふ、では僕がルード君の帰還と、そして今のお酒のために一曲……]
 と、ハーンがタールをかき鳴らした。が、それはいつものような重厚で美しい和音を作らなかった。びん、という嫌な音とともに、弦が一つ切れてしまったのだ。
[うわあ、みっともないね、こりゃあ]
 ハーンは苦笑し、照れ隠しに頭を掻きながら、ポケットにある替えの弦を取り出そうとした。

 その時、酒場にいた別の人物がストウに声をかけてきた。
[悪いと思ったけど、今の話が興味深くてね、途中からだけどちょっと聞かせてもらったよ]
 と言って彼はストウの横に腰掛けた。旅商のようだ。年の頃はハーンやシャンピオと同じくらいだろうか。中背で無精髭をはやした気さくそうな男だ。ストウを含め、周囲の人達もそのように思ったろう。しかしハーンは――。
[神隠しにあった人がいて、それが無事に帰ってくる。奇跡っていうのはあるんだなぁ、うん]
 男はひとりで納得したようにうなずく。
[それで、その人はここら辺にいるのかな? 差し支えなければ直接話がしたいんだ]と、旅商はストウに話しかけた。
[へへっ……結構土産話としては面白いだろ?]と、ストウも気さくに答えた。[ねえ、ハーンさん?]
 軽い口調でケルンはハーンに同意を求める。しかし――。
 ハーンは旅商を凝視していた。それまでとはハーンの目が違う。それは、複雑な感情をしまいこんだようなものだった。だが、それも一瞬。すぐにいつもどおりのハーンに戻った。
[そうだねぇ。……ねえストウ君、ちょっとこいつの――]
 と言って弦が一本切れたタールを見せる。
[弦を張り替えるのを手伝ってくれないかい? こいつが厄介なものでさ、ひとりじゃあ、ちょっと無理なんだよね]
 そう言ってハーンは足早に工房のほうへと向かおうとする。
[あ……じゃあ、お兄さん、ちょっと待っててくれな]
 予期せぬハーンの言動にストウは戸惑ったが、旅商の男に言い残すとハーンの後についていった。

 ハーンは酒場と工房を隔てている廊下の端に立っていた。酒場内の話し声は聞こえなくなり、雨音のみが聞こえる。
[で、こいつぁどうやって直すんだい?]
 ストウは中腰になってハーンのタールを見つめる。
 ハーンはタールの表面を撫で、少し考えているようだったが、嘆息を一つついて、タールを抱えあげた。そして長い指で弦を弄る。
[まずいね。こいつはやっかいなことだな]
 ハーンの目は一見タールの切れた弦を見つめているようで、実はそうではなかった。『やっかい』とは切れた弦のことか、それとも――。
[あの旅商……そう、あの人とはこれ以上話さないでほしい]
 ハーンは言った。ストウに言い聞かせるような、強い意志が込められていた。
[ええ?どうしてだよ?]屈託無く、ストウが問い掛ける。
[うーん、……どうしても、だよ。おしゃべりはだめ!]
 ハーンの強い意志を込めた言葉にストウは飲まれる。そして、ただうなずいた。
 ハーンは弦を直すでもなく、タールを腕に抱え込んだ。
[さて、と。……僕は、高原に戻るからさ、ストウ君も帰んなさいな]
 そう言って、廊下の突き当たりにある裏口――工房職人用の扉から外に出ようとした。
[ち、ちょっと待ちなよ、こんなどしゃ降りの中だよ、もうちょっとここにいても――]
 ハーンは振り返り、右手を挙げてストウの言葉を制止する。
[いや、急がないといけないんだ。……とにかく、ルードの話はなんであっても、しゃべっちゃ駄目だよ!]
 扉が閉まる。ストウはひとり、廊下に残される格好になった。雨はあいも変わらず、激しい。
[ちぇっ、なんなんだよう……]
 ストウは悪態をついた。

 ハーンはまだ、裏口の軒下にいた。
 そしてやおら、右腕で大きく円を描くような動作をする。 ふっと、周囲の空気がゆれ、停滞した空気が円を象る。
「間違い無い。“疾風《はやて》”――中枢の刺客だ。あの時の……ニーヴルの二の舞には絶対にしないよ!」
 ハーンはそう言うと、篠突く雨の中、タールを小脇に抱えて全力で駆け出した。渦中の人物――ルードとライカのもとへと。

 裏口の扉が少し開き、ストウが顔を出す。
[……あれ? もういない。足が速いなぁ、あの人]
 そう言ってストウは周囲を見回した。
[やれやれ、ハーンさんの言うとおり、あの兄さんと関わり合いになるのはよそうっと。どれ、帰るか!]
 言うなりストウは軒先から飛び出し、ばしゃばしゃと泥をはねながら自分の家へ向かって駆け出した。

↑ PAGE TOP

三.

 それからさらに一刻ほど後、場所はスティン高原。
 ルードはケルン宅で談笑していた。ミダイ夫妻――ケルンの親代わりを務める彼の親戚――はベケット村に出かけており、ケルンがこの家の留守番をしていた。ルードもケルンの家にこんなに長いこと留まるつもりではなかったのだが、降りしきる雨のせいで帰るに帰れずにいた。ナッシュの家にいるライカは不安がっているだろう。
 ケルンの話では、あの時ルードが光とともに消えてしまった後、村中大騒ぎになったようだ。神隠しだなんだと騒がれたのはもちろんのこと、村人総出でまる三日間ムニケスの山を探しまわったそうだ。三日目の夕刻に、ハーン達が昏睡しているルードを連れて帰ってきたことで、捜索は打ち切りになったが、もし一週間捜して見つからないようであったならば、ルードの葬儀が行われる予定だったようだ。三日間、ニノとミューティースは泣きはらしていたようで、ルードはあらためて、申しわけない気持ちになった。
 ケルンは変わらず、時々憎まれ口を叩きながらルードと話していたが、再び親友と出会えた喜びは隠し通せなかった。

[……さてと、俺、そろそろ帰ろうかな]
 一段落ついたところで、頃合いを見計らいルードが言う。
[でも、この雨だからよ、もう少しうちにいろよ? な?]
 と、ケルン。
[でもライカが寂しがっているかもしれないしなぁ……]
 ルードは、もっとも親しいケルンだけには、ことの顛末《てんまつ》を語っていた。ケルンもそのあまりの不可思議さに呆然とするのみだったが、やがて『ルードの言うことなら』と納得してくれた。
[ライカ、か。あの銀髪の可愛い子だろ? でも彼女、口が利けないっていうじゃないかよ、かわいそうだよな]
[いや、それが違うんだ。俺はライカと話せるんだ。……俺達の言葉とは違う言葉でね。彼女が話せるのは、俺達が失った言葉らしい]
 ルードの言葉にケルンは、腕を組んで唸る。
[しかしさ、今度ばかりはまさに事件《こと》だよなぁ、ルードの話全部が突拍子も無くて……俺の脳みそじゃ、正直ついていけねえんだわ]ケルンが言う。
[ははっ、俺だって同じさ。実際のところ、誰かにしゃべっておかないと不安に潰されて狂っちまいそうになるんだぜ?]

 ルードは正直に胸のうちを語った。自分はまだ、こうしてざっくばらんに話せる人間がいてよかった、と思う。ライカはどうだろうか? 彼女にとって、不安のはけ口となる人間は、自分しかいないのではないか?
 彼女とは今まで、本当の意味でうち解けあってるとは言えなかった。意思を疎通する手段が無かったのだから。彼女がルードを頼ってくるようになったのは、『話すことの出来る仲間』という意識からだろう。昨晩、はじめて会話した時から、ライカとの間に信頼関係が確立したようにルードには思えた。
 その時から、ルードはもう一つの苦悩、今まで深層に隠れていた葛藤を認識した。
(なんで、俺がこんな目にあわなきゃならないんだ?)
 自分の身に起こってきた半ば宿命がかった出来事をうらむような、そんな思い。
 ライカと遭遇したのが自分ではなく、例えばケルンだったとしたら、どうなっていたのだろう? 今まで自分が体験してきたものと、同じような出来事が、ケルンの場合でも起こり得たのだろうか?
 でも、それはあくまで仮定だ。どうあがいても、分かるわけがないし、今さら変えられるわけでもない。現実は今も、状況が流れているのだ。――河のように。
[……やっぱり常識っていうのは脆いもんだなぁ、昨日まで真実だと思っていたことが今日も通用するとは限らない……今度ばかりはそう思うぜ]
 ケルンがそう言って天井に目を泳がせる。
[何言ってんだか。ひと月前の祭りの日に俺にそうやって熱弁したのは、ほかでもないケルンだろうに?]
 ルードは笑ってみせた。
[へえ、よく覚えてるなぁ、あの時のことなんて忘れちゃったぜ、俺なんか。なんせ、酒をシャンピオ達と飲んでてさ、気付いたら――]と言って床を指差す。
[ここにいるんだからよ、……ルードとしゃべったってのは、まったく酒の上の出来事ってやつさ!]
 そう言って豪快に笑うケルン。つられてルードも苦笑する。

 その時。表の扉を何度も強く叩く音が彼らに聞こえた。
[あれ、帰ってきたのかな?]と、ルード。
[いや、この雨だぜ? こいつが止むまで親父さん達が帰って来れるとは思えないんだがよ……]
 ケルンはそう言って立ち上がると、玄関まで歩いていった。
[あ、あれえ?! どうしたの?]
 ケルンの驚いたような声が聞こえたので、ルードも玄関へと向かった。
 降りしきる雨の中、ハーンとライカがいた。クロンの宿りからの道中と同じように、馬二頭を引き連れて。よく見ると、ハーンの、そしてルードのものと思われる荷物もしっかり乗せてあるではないか。
 開口一番、ハーンは言った。
[やあルード、出発するよ!]

[へ?]思わず声が裏返る。
[……まさか、今から行くのか? 遙けき野に?]
 ルードはまったく事態がつかめない、といったふうにハーンに問い掛けた。
[うん、そういうことだよ。さささ、乗った乗った! もう荷物も積んでるしね]
 ハーンはルードを急かすように、手招きする。
[あ、あのう……本当……にか?]
 ルードは、再度ハーンに尋ねた。
[うん、本当だよ。さすがにちょっと予想外だったかな?]
 ハーンは即座にきっぱりと返答した。
(なんで、こんなに突然なんだよ!)
 ルードは心の中でハーンに悪態をついた。
[ルード?]
 事態がつかめないのはケルンも同じ。ハーンに導かれて表に出たルードを目を丸くするように見ていた。
[……あのさ。俺達、ちょっと遠くまで行ってくるから……]
 ルードが振り返り、ケルンに言う。半ば困惑した表情で。
[そういうことでね。そうだなあ……二、三週間ほど留守にするよ。すごく迷惑なことだとは分かってるんだけどさ、やむにやまれぬ事情というのがあるんだよ]
 申しわけなさそうにハーンが言う。
[行ってくるって? 大体さあ、見ろよ、こんな天気だぜ?]
 ケルンの言葉でルードはふと気付いた。
(ハーンのまわり……雨が降ってない。……っていうより雨がよけてるような?)
 馬に乗っているライカを見ると、彼女もまったく濡れていない。こんな不思議な現象が起こっているというのにも関わらず、ライカは平然としていて、不思議がる様子もない。
(何なんだよ? これは……)
 ルードが馬に近づくと、その場所が雨を完全に遮断しているのが分かった。ルードは小首をかしげた。
「これはね、“術”よ」ライカが小声で話しかけてきた。
「じゅつ?」ルードはまるで分からない、といったふうに素っ頓狂な声を出した。
「あれ? ひょっとして知らない? 魔法ともいわれるんだけど……本当に、まったく、知らないの?」
 ライカは意外そうな表情をした。魔法など、おとぎ話の産物ではないのか?
「そう……。この世界ではその存在を知られてないのしら。とにかく乗っちゃいなさいな。ほら!」
 ライカは身をずらし、ルードに手綱を預けた。ルードは鞍にまたがると、ケルンと話しこんでいるハーンを見た。ハーンは、ルードの視線に気付いたのか、ケルンに軽く挨拶をすると騎乗した。

[ケルン!]ルードは軒先のケルンに呼びかけた。
[ごめん! みんなによろしく! 帰ってきたら、その時また色々話すから!]
[まったく、いきなりだよなあ……]
 ケルンがぼやいた。
[とにかく、ごめんな、こんなに急なことになって。……俺も驚いてるよ]
 事態の急変に戸惑いながらも、馬上、手綱を握るルードがケルンに謝る。ハーンがケルンに挨拶をし、馬を進め始めたのを見て、ルードもそれに続いた。あまりの急な旅立ちに実感が湧かないルードとケルンだったが、とりあえず手を振り合って別れた。
 ルード一行は丘に沿って道を登っていく。そのうち、大岩に隠れて、親友の姿は見えなくなった。

↑ PAGE TOP

前章へ || 扉頁に戻る || 次章へ
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system